四万十川の滝

四万十川

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川四万十川の滝

四万十川

四万十川流域は地質構造のうえで西南日本外帯に属し、水源地帯は秩父帯に属するが、流域の大部分は地質学上の四万十帯。流域の大部分を占める山地は、北部の秩父帯のように地質構造線に沿う東西性の秩序をもった山地ではなく、四万十帯に属する幡多山地と呼ばれる比較的低い山地が、まとまりをもたずに広がり、その間を網目のように支流はりめぐらされている。そのような中流域には人々の心を安らげる滝が四季折々表情を変えて流れ落ちます。

源流近くにある四万十川の滝  白綾の滝  長沢の滝 
龍王之滝  白井川滝  お菊の滝 

トップページへ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四国の河川へ戻る
高知の河川へ戻る