東川観音堂

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川四万川川本も谷川>東川観音堂

梼原町

本尊の観音菩薩は、中越長左衛門の弟、白髭長右衛門がこの地に勧請したもので、赤痢に侵され、病中にある時、切支丹教徒とみなされ殺害されたと伝えられている。夏の流行病にかからぬ御利益があるといわれ、昔は、遠国から参拝者もたくさんあり、縁日(七月十六日)には、花取踊、芝居などの催しも盛大に行われていた。境内には、推定樹齢一千年の大槇がある。

東川観音堂

高知の河川へ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四万十川沿いの名所・旧跡へ戻る