東向奥銅山由来

四万十川

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川東向奥銅山由来

梼原町

藩政時代、愛称、山口金婆という大金持ちの老婆がいた。老婆の大金に目を付けた山師が露天掘りを共に始めた。老婆亡き後銅山の神とし祭礼す。屋敷き跡は東向き55番地。明治6年東向き銅山試掘願いを幡多郡石川楠之丞が出す。

東向奥銅山由来

トップページへ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四国の河川へ戻る
高知の河川へ戻る  四万十川の名所・旧跡へ戻る