後生庵跡

四万十川

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川後生庵跡

梼原町

南路誌には、本尊正観音禅宗吉祥寺末とあり藩政期には栄え、幕末文久二年(1862)改築されている。廻りぶたいもあったが老朽化により取り壊された。金龍院跡も接する。

後生庵跡

トップページへ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四国の河川へ戻る
高知の河川へ戻る  四万十川の名所・旧跡へ戻る
高知県の神社・仏閣へ戻る