法憧山宗興寺

四万十川

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川法憧山宗興寺

四万十市蕨岡

本尊:虚空蔵菩薩

由緒等:敷地は、二反余のなかの大寺で、江戸時代(1700年頃)には、住職もいたが、その後無住となる。昭和初期までは、盆踊りも賑やかに行われ、本堂横には、昔、青年達が、力競べをしたと、伝えられる力石も残されている。また、牧にあった源右ェ門の供養墓碑もここに移され、藤の人達の菩提寺となっている。

法憧山宗興寺

トップページへ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四国の河川へ戻る
高知の河川へ戻る  四万十川の名所・旧跡へ戻る
高知県の神社・仏閣へ戻る