追合滝

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川四万十川の滝>追合の滝

場所・津野町、不入山山系県道378号線沿いの四万十川源流点分岐から徒歩約5分。
由来・その昔、平家の落人平佐平介の奥方が敵に包囲され、子供をおぶったままこの滝壺に身を投じたことから追会滝と名付けられ、後に小宮を建てて通行人から供養を受けていたが現在では堂海公園に移転されています。また滝壺は飯炊き釜に似ていることから別名お釜様とも言われています。
                                                                 (案内板 引用)

源流近くにある四万十川の滝

高知の河川へ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四万十川沿いの名所・旧跡へ戻る
四万十川の滝へ戻る