熊野神社の大杉

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川四万十川沿いの名所・旧跡熊野神社の大杉

大杉

  熊野神社の大杉

1、樹   齢 800年
2、胸高直径 240cm
3、樹   高 37.0m 

この大杉は、その昔建久元年源平の戦に敗れた紀州熊野の「田那部湛増」がおちのび、上山郷(現大正)に居城し、その子「永旦」が三所大権現霊杉を建久稔年に熊野神社を建立したとき、天地の長久と共に三本植えたものとして伝えられているものの内、現代に生き残った一本で、熊野の大杉として町民に親しまれている。

                                           (看板引用)
高知の河川へ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四万十川沿いの名所・旧跡へ戻る
高知県の河川にある巨木