大わらじ

四万十川

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川四万十川沿いの名所・旧跡大わらじ

大わらじ

堂の口あけ祭り「大わらじ」について

 宮谷地区は、旧暦の1月28日(現在は2月の最終日曜日)明王寺本堂並びに伝統文化保存館で堂の口あけ祭りを毎年続けております。当日は、地区民総出で稲わらを家々から持ち寄り、しめ縄といっしょに「大わらじ」(昔より地区民は金剛バッコと言った)を作り、宮谷地区の入口に吊るし、地区民の無病息災を祈願して来ました。
 古老の話しでは、龍馬が脱藩していった往還端の宮谷部落入口の辻、茶堂付近の大木につるしていたと言う。いつの時代に始まったか定かではありませんが、言い伝えによりますとその昔に疫病が流行し、多くの地区民が死亡したため「魔除け」として作り始めたそうです。
 金剛バッコは半分ほどしか作らない、「この地区には金剛バッコを履く金剛力の大男がいるぞ。やっと半分ほどができたが、まだどれだけ大きくなるかわからんぞ。悪病神が入って来たら踏み潰すぞ。」と悪霊を追い払う先人の奇抜な発想が、今日まで続いています。金剛バッコを作り終えると、幸せを願い百万遍の念仏を行い、地区の入口にしめ縄、金剛バッコを飾り付け、金剛バッコの下に吊るしているわらずぼの中からご飯、煮しめ等を取り出して、みんなが分け合い頂きますと無病息災に過ごせると伝えられて来ました。
(宮谷地区)(案内板 引用)

トップページへ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四国の河川へ戻る
高知の河川へ戻る  四万十川の名所・旧跡へ戻る