曽我神社と八坂神社

四万十川

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川曽我神社と八坂神社

四万十町十和

曽我神社と八坂神社は、四万十川左岸小野集落の河岸段丘上、小高い場所の鎮守の森に並んで鎮座し、曽我神社は室町時代の1471年(文明3年)に勧請されたと伝わっています。十和村史によると、小野集落はかつて、十和地域の中心的存在であった四手城の城主で蘇我氏の末裔である中平氏の領地であり、曽我神社はその祖神を祀ったものとされています。曽我神社と八坂神社は、四万十川流域において、小野集落の形成とその役割を理解するうえで重要な建造物となっています。

曽我神社と八坂神社

トップページへ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四国の河川へ戻る
高知の河川へ戻る  四万十川の名所・旧跡へ戻る