一条神社

四万十川

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川一条神社

四万十市

この神社は、文久2(1862)年、中村御所跡の小森山山頂にあった一条家御廟所跡に、土佐一条氏の遺徳を偲ぶ有志によって建立されました。土佐一条氏は応仁の乱を避け荘園の復興を目指して下向した関白一条教房に始まり、その子房家以後4代、中村の文化、経済の発展に力を注ぎました。この神社には教房の父、兼良を始め、土佐一条氏歴代の霊を祀っています。毎年11月に行われる大祭は、土佐の3大祭の一つに数えられています。現在の社殿は、昭和19(1994)年の建立です。
(看板引用)

一条神社

トップページへ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四国の河川へ戻る
高知の河川へ戻る  四万十川の名所・旧跡へ戻る