渡川大橋

四万十川

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川渡川大橋

四万十川本流に架かる橋

全長:495m 2車線。

幅員:7.25m 北側に2.5mの歩道がある。

国道56号線バイパスとして、昭和50年4月暫定供用が開始された。従来、四万十川を渡る橋は1つしかなく、混雑をきたしていた。当橋の開通により、市街地南部を通って四万十川西岸に出られるようになったため、市内の交通混雑は緩和された。大橋西詰南側で土佐清水方面へ向かう国道321号が分岐している。四万十川は別名渡川とも称され、建設省(現国土交通省)は直轄河川区域の名称を渡川に統一しており、橋名も渡川大橋となっている。

渡川大橋

渡川大橋

トップページへ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四国の河川へ戻る
高知の河川へ戻る  四万十川の名所・旧跡へ戻る