赤鉄橋

四万十川

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川赤鉄橋

四万十川本流に架かる橋

全長:509.6m 鉄橋部分:437.9m コンクリート部分:71.7m。

幅員:5.5m

正式名称は、“四万十川橋”。四万十市大橋通と具同とを結ぶ四万十川下流域に架かる橋で、高知県により大正15年6月31日はじめて架設された。昭和21年12月の南海大地震で倒壊したが、その後復旧した。同43年3月、橋の両側に幅員2mの歩道橋を架設。国道56号バイパスが完成するまでは四万十市を中心に宿毛市・土佐清水市・高知市方面を結ぶ唯一の橋であった。

赤鉄橋

トップページへ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四国の河川へ戻る
高知の河川へ戻る  四万十川の名所・旧跡へ戻る