道仙様と大桧

四万十川

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川道仙様と大桧

梼原町

道仙は、上折渡部落の開祖で戦国の武将齊藤道三の三男である。大桧は、道仙生前からの自然木で道仙が死亡すると桧の近くに埋葬したが、墓石は根の為に持ち上げられている。推定年齢400年、周囲4.9米、樹高30米。でしたが、今は枯れて無くなり、根の部分が残るのみとなっていま。尚後継として、椎の木が根を張り出している。

道仙様と大桧

トップページへ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四国の河川へ戻る
高知の河川へ戻る  四万十川の名所・旧跡へ戻る