谷干城生誕地

四万十川

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川谷干城生誕地

四万十町

四万十町恵美須神社の横に自然石の谷将軍生誕之地の碑がある。昭和九年(1834)谷将軍銅像建設会が建立した。谷家は代々神道家・国学者の家で、その先祖には、南学中興の祖の谷秦山がいる。干城はこの地に生まれ、一時高知城下の小高坂に居をかまえたが、再び窪川に移った。しかし、弘化三年(1846)には父と共にまた小高坂に帰る。現在、高知市西久万に谷干城邸跡としてあるのは明治二年(1869)十二月に移転したものである。

谷干城生誕地

トップページへ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四国の河川へ戻る
高知の河川へ戻る  四万十川の名所・旧跡へ戻る