四万十川沿いの茶堂

四万十川

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川四万十川沿いの茶堂

梼原町では、藩政時代からあり、現在町内に13棟保存されている。建物は2間(3.6メートル)に一間半(約2.72メートル)位の木造平屋建て、カヤ葺き屋根、板敷きの、素朴な形式である。木造・石像等を安置して諸仏を祀り津野氏の霊を慰め、行路の人々に茶菓子の接待を地区民が輪番で行い、信仰と心情と社交の場として、うるわしい役割を果たしてきた。現在も行っているところもある。
又、梼原町だけでなく四万十川流域には、あちらこちらに多くの茶堂がありました。ここでは、たまたま目に入った茶堂を撮影し、紹介致します。

四万十川沿いの茶堂

梼原川沿いの茶堂

松原の茶堂太郎川公園の茶堂東区の茶堂川西の茶堂復元の茶堂下津井の茶堂中平の茶堂

古味野々の茶堂西ノ川の茶堂木屋ヶ内の茶堂越知面の茶堂

四万川川沿いの茶堂

文丸の茶堂茶屋谷の茶堂六丁の茶堂

四万十川本流沿いの茶堂

江川崎の茶堂口屋内の茶堂

中津川沿いの茶堂

中津川の茶堂

岩田川沿いの茶堂

板ノ川の茶堂

黒尊川沿いの茶堂

口屋内の茶堂

トップページへ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四国の河川へ戻る
高知の河川へ戻る  四万十川の名所・旧跡へ戻る