小津賀古墳

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川小津賀古墳

四万十市小津賀

四万十市指定保護文化財
この古墳は高知県西部では最も大きな横穴式石室古墳です。6世紀後半、今から約1400年前につくられたこの地方の豪族の墓です。外形から円墳と呼ばれ、、内部は羨道と玄室にわかれています。被葬者は木棺におさめられて石室にまつられ、棺の内外には生前身に付けたものや日常使用したものが副葬されていました。この古墳から出た副葬品(金環・鉄刀・馬具・土器類)などは幡多郷土資料館に展示しています。

(看板引用)

小津賀古墳

小津賀古墳  小津賀古墳 
高知の河川へ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四万十川沿いの名所・旧跡へ戻る