五段高原

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川五段高原

カルスト台地

五段高原は四国カルストの中で最も景観がすぐれており、標高は1000mから1456mあります。晴れた日には、東に室戸岬、北に石槌山が遠望できます。車道のない時代には人々は歩いてここを越えていましたが、急な坂道を登る途中、緩い区間が五つあったことから、この名がつけられました。近くのササ原には「巨人の踏切」と呼ばれる6uほどの窪地があります。この付近には、大小のドリーネ(石灰岩が雨水によって溶食された窪地)が集まっています。特に大きいドリーネは直径が8m深さは5mもあります。
(看板引用)

五段高原

高知の河川へ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四万十川沿いの名所・旧跡へ戻る