中村山内家土居跡・奉行所

四万十川

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川中村山内家土居跡・奉行所

四万十市

慶長6(1601)年6月、山内康豊は幡多に2万石の知行地を与えられ中村に入り、土居に入り居住しました。中村山内家は2代政豊(良豊)で絶え、代わって寛永7(1630)年山内忠直が新たに3万石を知行されて中村土居に入りましたが、明暦2(1656)年忠直の知行地は藩として幕府に公認され、ここに中村藩が成立しました。しかし中村藩は元禄2(1689)年高知本藩に吸収され廃藩となったため、中村土居は幡多奉行所となり、郡奉行が駐留するところとなって幕末にいたっています。

中村山内家土居跡・奉行所

トップページへ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四国の河川へ戻る
高知の河川へ戻る  四万十川の名所・旧跡へ戻る