地吉の夫婦杉

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川地吉の夫婦杉

四万十町十和地吉

高知県指定天然記念物
地吉の八幡宮境内にある2本の杉の大木である。大きい方は胸高周囲約8.5m、樹高約55m、小さい方が胸高周囲4.8m、樹高約50m、推定樹齢はいずれも約700〜800年。両方とも地上30mまではまっすぐに伸び、スギの木の特性を保持している。あまりの見事さに、昭和30年代に材木ブローカーがこの木を買いに来たが、御神木のために地元の氏子が売る事を拒否したとのことである。杉は楠と共に樹齢が長く、県内にもあちこちに老齢巨樹が存在する。しかしこの夫婦杉は樹幹の美しさでは県内有数のものである。

地吉の夫婦杉

高知の河川へ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四万十川沿いの名所・旧跡へ戻る
高知県の河川にある巨木へ戻る