坂本龍馬脱藩の地(国境)

四万十川

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川坂本龍馬脱藩の地

梼原町

幕末の英雄坂本龍馬は同志澤村惣之丞とともに、文久二年(1862)三月二十四日高知を出発し二十五日に梼原に到着、その夜梼原の勤王のの志士那須俊平・信吾父子の家に泊り、翌二十六日未明、俊平・信吾父子の道案内により、宮野々番所を抜け、四万川茶や谷の松ヶ峠番所を抜けて予土県境・韮ヶ峠を越えて伊予の国(愛媛県)に脱藩した。信吾は韮ヶ峠より引返したが、俊平は同行し、小屋村(旧野村町)水ヶ峠(旧河辺村)を経て泉ヶ峠(旧五十崎町)に宿泊、二十七日、宿間村(旧五十崎町)に着いた。俊平はここから引返した。龍馬、惣之丞は船便にて長浜町へ、その夜富屋金平衛宅に泊り、二十八日船で二日を要して三田尻(山口県)へ到着した。また梼原町の大庄屋・吉村虎太郎を始めとする勤王の志士十余名は、宮野々番所より西方の九十九曲峠を越えて脱藩していった。
(看板引用)

坂本龍馬脱藩の地(国境)

トップページへ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四国の河川へ戻る
高知の河川へ戻る  四万十川の名所・旧跡へ戻る