六丁の茶堂

四万十川

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川六丁の茶堂

梼原町

茶堂は、弘法大師などへの信仰の場として建てられたとされるが、道行く人への「接待」により文化の交流の場でもあった。六丁の茶堂は、他の茶堂と同様、藩政時代に建てられたものと思われるが、大正時代の道路開設に伴い現在地に移転され、永い間愛されてきた。
(碑文引用)

六丁の茶堂

トップページへ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四国の河川へ戻る
高知の河川へ戻る  四万十川の名所・旧跡へ戻る