大文字山の送り火

四万十川

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川大文字山の送り火

今から五百有余年前、前関白一條教房公は、京都の戦乱をさけて家領の中村に下向され、京に模した町造りを行った。東山、鴨川、祇園等京都にちなんだ地名をはじめ、町並みも中村御所(現在は一條神社)を中心に碁盤状に整然と整備し、当時の中村は土佐の国府として栄えた。この大文字山の送り火も、土佐一條家二代目の房家が祖父兼良、父教房の精霊を送るとともに、みやびやかな京都に対する思慕の念から始めたと、この間崎地区では言い伝えられている。現在も旧盆の16日には、間崎地区の人々の手によって五百年の伝統は受け継がれている。(看板引用)

大文字山の送り火

トップページへ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四国の河川へ戻る
高知の河川へ戻る