仁井田のヒロハチシャの木

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川仁井田のヒロハチシャの木

四万十町仁井田

樹齢:700年 周囲4.8メートル 樹高16メートル
九州大宰府のチシャの木と共に、日本のチシャの木の巨樹であり、もともと2本並んでいたので、地元では「2本ヂシャ」と呼んでいた。現在は1本は枯死し、1本が残っている。みごとな樹冠であったがその主幹が台風で折れ、痛々しい姿になっている。
天然記念物指定20年後の根回り8.5メートル、主幹は地上1.3メートルで4.8メートル、地上3メートルで6本に分枝、主幹は8メートルの所で折れている。大きな空洞内には小祠があり、乳を授けると言う。樹冠は東へ5メートル、西と南へ7メートル、北へ8.3メートル。(看板引用)

仁井田のヒロハチシャの木

高知の河川へ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四万十川沿いの名所・旧跡へ戻る
高知県の河川にある巨木へ戻る