中津川

四万十川

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川四万十川支流沈下橋中津川

四万十川支流中津川に架かる橋

サワタリ沈下橋

四万十町中津川・四万十川2次支川・昭和39年架橋・管理者 四万十町長・橋長22.2m・幅員2.3m
四万十町大正、国道381号線より国道439号線を川にそって上り、約10分程の所を中津川に沿って約20分程行った所に架かる橋です。
サワタリ橋は、梼原川の支流・中津川に架かる小さな沈下橋で、中津川本村と対岸の水田や河内神社、茶堂とを結んでいます。かつては、中津川本村と大正大奈路、木屋ヶ内、下津井へ至る屋根上の「やたて街道」に通じ、中津川集落と集落外とを結ぶ重要な役割を果たしていました。現在、町道中津川1号線として管理され、対岸との往来をささえており、山地農地を基盤とした生業を続ける集落住民に欠くことができない存在となっています。

サワタリ沈下橋

橋から見た風景

 中津川

栗の木瀬沈下橋

四万十町中津川・四万十川2次支川
四万十町大正、国道381号線より国道439号線を川にそって上り、約10分程の所を中津川に沿って約5分程行った所に架かる橋です。対岸の農業用ですが橋を渡る道路は封鎖されているため、上から撮影。

トップページへ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四国の河川へ戻る
高知の河川へ戻る  高知県の沈下橋めぐりへ戻る
沈下橋へ戻る 沈下橋(支流)へ戻る