宮野々関所跡

四万十川

トップページ高知県の観光四国の河川高知の河川四万十川四万十川沿いの名所・旧跡宮野々関所跡

梼原町宮野々

この番所は、寛永六年(1629)設置され、宝暦年間より明治の初期まで片岡氏が世襲の番所役人勤め、通行者を検問した。今も片岡氏の居宅で、その構えは旧観をしのばせている。街道は、前の川を渡り稜線をつたい県境に至る。土佐勤皇の志士脱藩で人に知られるようになり、碑は梼原村が建立した。(看板引用)

宮野々関所跡

トップページへ戻る  高知県の観光へ戻る 
四万十川へ戻る  四国の河川へ戻る
高知の河川へ戻る  四万十川の名所・旧跡へ戻る